大手町散策1 大手町川端緑道

2017年05月07日(日)3:26 PM

 フォーラムミカサ エコ前の外堀通りを南に300メートルくらい進んだところにある高速道路の真下に日本橋川があります。そこにかかる石橋(鎌倉橋)を渡れば日本を代表するビジネス街の大手町。街並みが急に変わります。
 間近にありながら普段はなかなか訪ねる機会のない大手町ですが、日本橋川沿いにある「大手町川端緑道」を春うららのゴールデンウィークに歩いてみました。 
                                 Bing航空写真に文字入れ加工

 大手町川端緑道は、3年前(2014年)の4月に「大手町連鎖型都市再生プロジェクト」の一環として造られた歩行者専用遊歩道。錦橋からJR線の高架橋までの約780メートルで、緑道の幅はかなり広く約12メートル。都心ではかなりゆったりとした公共の空間で、よく整備されています。
 平日はビジネスマンの憩いの場となり、近隣の大型ビルにはグルメスポットも多いようです。
 先日通りかかったときは昼食の移動販売車で賑わっていました。

 この辺りにくるといつも東京都心が江戸時代の町の骨格をベースに創られていることを実感します。鎌倉橋のそばの緑道脇には江戸時代に造られた「荷揚げ場」が当時の石垣とともに残っています。江戸城築城のための材木等の資材を鎌倉から運んで荷揚げした所で、この辺りが鎌倉河岸と云われる由縁です。日本橋川が人工的に作られた運河で江戸城の外堀を形成していたことがよく分かるスポットです。
 いつかこの荷揚げ場跡に梯子を降ろして悠久の空間に浸ってみたいと思っています。現在は超高層ビルの脇にある首都高速道路の下の川ですが、江戸の町に荷を運ぶ船が往来する外堀の情景が浮かんできそうな気がします。
 
 緑道には江戸時代の地図に透明のパネルで造られた現在の地図を重ね合わせた案内板が数ヶ所設置されていて、日本橋川が江戸城の外堀であったことを示しています。

 昔の石垣の石をベンチ風に置いてあるオブジェや野菜を作る「アーバンエコファーム」というカプセルなどもあり、時間に余裕があれば、じっくり見て回りたくなる楽しめる緑道です。
 本当はもっといろいろ書く予定で、冒頭に航空写真を貼りましたが、長くなりそうなので、次回に続けます。冒頭の航空写真は次回も使います。

 

  |  

申込用紙(受付表)

過去の記事

会場玄関


フォーラムミカサ エコ
TEL 03-3291-1395(代)
FAX 03-3291-1396
メール info@fm-tohnet.com
営業時間 9:00~21:00
定休日 年末年始除き年中無休
〒101-0047
千代田区内神田1-18-12
内神田東誠ビル