あらら、凄いことに 音響設備グレードアップ

2017年07月01日(土)10:41 AM

  都内でも人気の高い当会場7Fホールの音響設備を一新しました。
 マイクロフォン電波の混信を避けるためにフォーラムミカサ エコでは、主に赤外線のマイクロフォンシステムを使用していました。国内で主流のアナログ800MHzでは使える電波の数が限られているため、マイクロフォンの館内設備が外部電波の影響を受けることを懸念したからです。
 しかし技術の進歩により最近では1.9GHz帯、2.4GHz帯のデジタルワイアレスシステムが登場しました。近距離の無線通信規格のBluetoothがPCのマウスやキーボード、スマホ、タブレットに採用される時代です。この電波帯でしかもマイク電波とレシーバーを一体化するペアリング登録の方式をとると電波の混信の危険がなく、外部へ情報の洩れる心配がありません。そうすると赤外線波のマイクシステムを採用する積極的な理由がなくなってきます。赤外線マイクシステムにはいろいろ欠点もあります。
 そこで、このたび1.9GHz帯、2.4GHz帯の近距離通信の電波を使用したデジタルワイアレスシステムで音響設備を構築しようと思い立ち、7Fホールのマイクロフォン設備を一新しました。2波のアンテナが付けられるレシーバー4台をミキサーに繋ぎました。現在のところ無線マイクが8本使えます。ミキサーは12波の無線マイクと有線マイク等3本使える高性能機(アメリカ Soundcraft社製)で、まだ余裕があります。
   ミキサー
   マイク(レシーバーと同じaudio-technica製)

 スピーカーはBOSEと並び音響機器で世界的に有名なJBLのニューモデルを採用しました。奇抜な形ですが、上部の棒状の部分が高音用で、下部の箱状の部分から重低音がでるようになっています。コンサート会場でも使えそうな凄いものです。

 
 有名ブランドを自慢しようとは思っていませんが、今回の設備は機能面を考え音響業者に会場の要望を伝えると豪華なものなってしまいました。早くも大人気となっていますが、過剰性能かも知れません。
 引き続き予定している8Fホールのマイクロフォン設備では、もう少し安価なものを考えています。7Fホールのデジタルワイアレスシステムは2.4GHz帯を使用しましたがが、この周波数帯はWiFiでも使いますので、2.4GHz帯のマイク設備が多くなるとインターネットの通信速度の低下が懸念されます。そこで8Fホールでは1.9GHz帯のデジタルワイアレスシステムを考えています。
 会場が7Fホールより狭いので、スピーカーも天井付のワイアレスタイプが良いかなと思っています。

 今年はいろいろリニューアルを予定していましたが、予算オーバーでリニューアルは音響設備のみとなるかもしれません。(*^_^*)

 

  |  

申込用紙(受付表)

過去の記事

会場玄関


フォーラムミカサ エコ
TEL 03-3291-1395(代)
FAX 03-3291-1396
メール info@fm-tohnet.com
営業時間 9:00~21:00
定休日 年末年始除き年中無休
〒101-0047
千代田区内神田1-18-12
内神田東誠ビル