新型コロナウイルス 政府の対策は効果を上げています

2020年 03月11日
皆様のお気遣いに感謝申し上げます。
 
 政府のイベント中止要請の影響でほとんど開店休業状態になってしまったフォーラムミカサ エコですが、ときおり常連のお客様や筆者の友人が訪ねてきてきます。励ましの言葉をいただいたり、差し入れがあったり。ありがたいことです。
 一番うれしかったのはアルコール消毒液の差し入れ。上の写真の左側はお客様の差し入れの70%希釈のエタノール(1ℓ)を100円ショップで買った容器に入れた手作りの消毒液。これで当分凌げると思っていたら、さらに街で売っていない消毒液の製品をネットで買って届けてくれた友人がいました。上の写真の右側がその製品。ネットで調べると普段の値段の15倍くらいの値がついているようです。資本主義社会では需給関係で物の価格が決まるとはいえ、皆が困っている状況を利用して利に聡い連中が仕掛けた浅ましい商品の相場には腹立たしく思いがしています。しかしこのような高価なものをプレゼントしてくれた友人にはなんとお礼を申し上げてよいやら、感謝の言葉もありません。当会場でも消毒液を注文しており3月下旬には届く予定になっております。これで新型コロナウイルスに対抗する準備が整います。
 いろいろお気遣い下さった皆様にはここに記して厚くお礼を申し上げます。

新型コロナウイルス感染の国内外状況 
<国際状況>
 本日付の国内外の感染者数・回復者数のグラフは次のようになっています。このデータは、国内は厚労省、国外はWHOの発表に基づくものです。 Yahoo 新型コロナウイルス感染症まとめ 最新情報より ←毎日更新されます。
 まず国外の状況ですが、全体で見ると感染者の数は上がっていますが、回復者の数も上昇し5割を超えています。罹患した患者の半分以上が治っているということです。
 これは新型コロナウイルス発生地の中国とその他の国をひとまとめにしたデータですから、少し分かりにくいですが、実際は、中国は感染者の増加数が激減し、回復者の数が激増しています。これに対しイタリア・韓国・イラン等は感染が拡大中です。中国では、猛スピードで確実に新型コロナウイルス肺炎が終息に向かっているようです。保守系の人の動画では、WHOは中国寄りで信用できず、武漢を中心とした中国でまだまだ感染拡大中だと喧伝する向きもありますが、根拠の乏しいものです。
 イタリア・韓国・イラン等の感染拡大国の中でも、イタリアの感染爆発はすさまじく、本日のニュースでは感染者数が1万人を超え、死者も631名となったと報じられています。致死率はなんと約6%です。 NHKニュース 
 新型コロナウイルス発生地の中国とその他の国外を分けてグラフを作成してくれたら、もっと分かりやすいウイルス感染の国際状況が掴めます。①日本・②中国・③その他の国外という少なくとも三つのカテゴライズのデータでできたグラフがあれば便利です。

<国内状況>
 一方厚労省の感染症対策の基本方針を発表(2月25日)から2週間を経過しますが、上記グラフを見る限りその間国内の感染者は増え続けています。しかし、感染後1~2週間の潜伏期間を経て感染者が確認されるので、イベント中止や学校休校の効果がなかったとはいえません。むしろ政府の対策は現在の段階でも相当効果を上げているのではないかと考えます。一向に増えなかった回復者も3月6日頃から微増に転じています。本格的な効果が出てくるのはこれからです。
 イベント中止や学校休校という新型コロナウイルス対策の基本的な考え方は上図のとおりです。①感染症流行のピークを下げ、②ピークをずらすことによって、全体として感染症を減らし、またこの期間に医療対応を整備するということだと思いますが、これはほぼ達成できているのではないでしょうか。国内感染者のグラフを単体で見ていると分かりにくいですが、このグラフにイタリアや韓国のデータを入れてみます。正確なグラフではありませんが、イメージは掴めると思います。
 
 どうでしょうか。感染爆発国と比べてみると国内の感染者の増加は微増段階で見事にピークは抑えられたと言っていいのではないでしょうか。グラフの縦軸のピッチを変えてみると更にこのことがはっきりします。安倍総理のリーダーシップによる矢継ぎ早の発表は唐突な感がありましたが、日本の感染対策は大成功を収めているように見えます。歴史的にみても疫病は発生しても必ず終息しています。日本の英知の結集を信じたいと思います。
 新型コロナウイルスを季節性のものとは限らないという説もありますが、季節性でないという証拠も全くありません。暑いシンガポールや南米で感染者が出たとか小さな事実を繋ぎ合わせて、感染拡大は長期化するという皮相な予想もありますが、怪しいものです。
 いろいろな立場の政治宣伝に乗せられず、事実だけを見ていきたいと思っています。あと1、2週間で答えが出てくるでしょう。トップダウンでバンバン物事を進める一党独裁の中国程スピードはありませんが、新型コロナウイルス肺炎の日本での終息も近いという期待を持っています。桜はもうすぐ開花します。この新型コロナ騒ぎが一過性のエピーソードで終わることを祈っています。
 
タイトルを変更しました。3月14日

  |  

申込用紙(受付表)

過去の記事

会場玄関


フォーラムミカサ エコ
TEL 03-3291-1395(代)
FAX 03-3291-1396
メール info@fm-tohnet.com
営業時間 9:00~21:00
定休日 年末年始除き年中無休
〒101-0047
千代田区内神田1-18-12
内神田東誠ビル