誰也不在

2020年 03月16日
消毒用品・マスク等が届く
 一昨日(3月14日)お客様から会場宛てに荷物が届きました。開けてみると、おおー、先週に続き消毒用品等がダンボール箱にざっくざく。「次亜塩素酸」という消毒液の原液、高級マスク、使い捨て手袋、ウェットシート等々。会場のために使ってくださいというありがたいメッセージ。感謝申し上げます。<m(__)m>

誰もいない
 お付き合いの長いクライアントの方からいろいろ励ましの言葉や品物をいただくのに、本日から約1週間の会場利用状況は以下のとおり。
 空室状況表は真っシロシロ。まるっと予約がなくなりました。どの会場にも利用者は全くいません。創業以来初めての椿事です。
 ただ「空気」に貸すのはもったいないので、この間普段では考えられない、鼻血ブーサービスの大幅割引でお貸しします。割引率はお付き合いの親疎等で決定します。公開はしません。内規は一応作りますが、受付の裁量に任せます。「ブログを見た」といってお申込みください。
 7Fホール(約150㎡)を3人で広く使いたいので、料金を〇分の1にしてくれ。ハイハイ全然オッケー。ヨガでもバットスイングでもケンケンパでも何でもやってください。(笑)こんな感じになるかと思います。少人数利用は濃厚接触の危険が少ないので歓迎します。

新型ウイルス国内の感染状況と政府の新型コロナウイルス対策
 本日発表の3月15日のデータで作られたグラフです。
 最近、東京、大阪、兵庫 愛知 埼玉、北海道等でかなり感染者が増えたようですが(本日34名増加)、感染者はまだ1000人に届いていません。前回のブログで最後に載せたグラフにイタリア、韓国のデータを入れたのは感染急拡大した国とそれを抑えられた日本の状況との対比のためです。
 感染が急拡大した国のグラフの縦軸は1000人単位で見なければチャートになりません。100人単位だと折れ線グラフがほとんど直角に上昇するからです。
Yahoo 新型コロナウイルス感染症まとめ 最新情報」から入り下にスクロールしていくと、外務省作成の国際比較チャートが見られます。下のグラフの縦軸の刻みは1000人単位です。
 ウイルス発生地の中国は別格で8万人超え。イタリア、イランが急速に感染拡大しているのが分かります。韓国は7000人を超えてから微増になっています。日本の感染者は現在1000人以内ですから、このグラフでいくと低水準の超ゆるやかな上昇線。
 同じく外務省作成のグラフで、感染が急拡大しなかった国のグラフ(中国、イタリア、イラン、韓国を除いたグラフ)もありますが、くどくなるのでグラフそのものは割愛します。ここでは縦軸の単位は200人。ここでも日本の感染者数のラインは最低水準の緩やかな上昇カーブとなっております。
 客観的に見ると政府の新型コロナウイルス対策は成功しているのではないでしょうか、別に安倍政権寄りの論理を展開しているつもりはありません。
 政府のイベント中止要請によって直撃され大きな損害を被っている当会場です。ウイルス対策の是非に、つまらない恨みがましい感情を入れようとは思っていません。また政府の対策に大きな誤りがあるとしたら、政府を擁護しようとは思いません。
 新型コロナウイルス肺炎の発生時には何の発案もなく、ほとんどダンマリを決め込んでいた野党やメディアがここにきて安倍政権や政府叩きに走っています。とくに症状も出ていないのに韓国並みに検査を強化しろとか、国内に感染者がいるので渡航制限は無意味で、人権上問題がある等々。希望者全員を検査すれば医療崩壊が起きます。感染拡大中の国への渡航を制限しないと感染拡大国から新型ウイルスがどんどん入ってきます。
 評価するところを評価しないと野党の支持率が全く上がりません。メディアも国民からそっぽむかれます。
 一部の保守系の人の政権叩きも相当なものです。初動段階での水際作戦に安倍政権が失敗したことをいつまでも引きずって政権叩きに走っていますが、今は政府の足を引っ張る時期ではありません。
 政治家は国難に立ち向かっている現在の政府の対策の効果を静かに見守り、今後の経済政策や中小零細企業対策に積極的な提案を示して欲しいと思います。

グラフ・チャートのトリック 累積感染者数は感染実態を表わさない
 先ほどの外務省作成のグラフに少しラインを入れてみます
 中国は本日の発表では感染者が10人増え8万844人ですが、回復者が6万6911人ということです。差引感染者は1万3933人ということになります。イタリアの感染者数を下回ります。これから3000人余りの死亡者を引くと1万人台でイランをも下回るということになります。中国が新型コロナウイルス終息に自信を示している所以です。
 よく考えてみると、累積感染者のみで作成されたグラフやチャートは現在の感染実態を表さないばかりか、極度に人を不安に陥れます。有害です。回復者がどれだけ増えてもチャートは絶対にダウンに変化しません。このようなチャートにどれだけ意味があるのでしょうか。何年経っても感染者は減りません。

 回復者を除いた感染者のチャートがあってもよいのではないでしょうか。広く世に問いたいと思います。
 
 
 ハンバーグさんの若い頃ですね。当時はおじさんに見えましたが、いま見るととても若々しくみえます。自分が歳をとったことを実感します。筆者は60歳以上の高齢者で、基礎疾患持ち。新型コロナに感染するとイチコロで死にそうな世代です。自分が感染しないこと、会場から感染者を出さないことに全力を傾けて生きています。

  |  

申込用紙(受付表)

過去の記事

会場玄関


フォーラムミカサ エコ
TEL 03-3291-1395(代)
FAX 03-3291-1396
メール info@fm-tohnet.com
営業時間 9:00~21:00
定休日 年末年始除き年中無休
〒101-0047
千代田区内神田1-18-12
内神田東誠ビル