新型コロナ感染は確実に終息に向かっています! 安心してください。

2020年 04月22日
不安を煽る報道の中で、事態を冷静に見てみたい。
 新型コロナ感染による集会中止要請に直撃され超閑散となっているフォーラムミカサ エコです。受付に待機していると、かかってくるのはゴールデンウィーク後の予約キャンセルの電話ばかり。
「感染拡大は秋まで続くそうなので」、「今年いっぱいは危険だそうです」、「外国の有名な学者が2年間は感染拡大が続くと言っています」。どこで仕入れてきた話か分かりませんが、このような顧客の話ばかり聞かされて気が滅入っています。
 メディアの報道は、今日も都内では新たに102人の感染者がでました、大阪の病院で集団感染が発生しましたとかいう話だけ。このような不安を煽る報道の嵐の中でも冷静に事態を眺めてみると、よい兆候も出てきています。
 今回はここに注目して、世間のネガティブな空気を打ち破りたい。このような気持ちでブログを書いています。

データでは感染の終息が見えています。
 日本は国際比較でみると、新型コロナ感染の感染者・死亡者が少ない国ですが、東京都知事の自粛要請のあった3月25日の記者会見後には、皮肉にも下のチャート図面からも分かるように、感染爆発(オーバーシュート)というものが起きたと考えられます。「感染蔓延期」突入といえるかもしれません。しかしその感染急拡大も、下のチャートに入れた、株価などでトレンド判断に使用される移動平均線(白の折れ線グラフ)を見る限り、ピークの山が下がってきており、終息に向かっていることが分かります。政府のアナウンスした自粛やマスク着用等の効果が出てきていると思われます。
JX通信社 4月21日チャート 移動平均線(7日移動平均線=白の折れ線グラフ)は筆者が作成して挿入
 移動平均線(Moving Average)は、一定期間の平均感染者数を日毎に計算し、それを線で繋いだものです。トレンドを見るのに有用なグラフです。
 ここでは7日の平均新感染者数を算出しました(7日平均線)。当日の感染者と過去6日感染者を合計し、その平均数を日毎に点にして、それを繋いで折れ線グラフにした訳です。金融関係で使われる実際の移動平均線はブレを慣らし滑らかな線ですが、素人が作るものですからゴツゴツして見にくい点はご勘弁ください。
 この移動平均線を見れば、ちゃんとダウントレンドが形成されており、マスク着用や手洗い、うがいを真面目に実行する日本の国民性を考えると、このトレンドが変化することがないと思われます。黄色い矢印のように進んでいくものと思います。病院や介護施設で集団感染が見つかったという突発的な出来事はもう少し続くかも知れませんが、ダウントレンドは不変です。
 冒頭で書いた感染が長引くという世間の噂は無視するに限ります。終息は意外に早く来ます。出口は見えています。
 
回復者も増えてきています。
 繰り返しになりますが、日本は国際比較でみると、新型コロナ感染の感染者・死亡者が極端に少ない国です。外務省が出している「1万人当たりの感染者数・死亡者数」で比較してみると日本の突出ぶりが際立っています。 その理由については、公衆衛生が行き届いている清潔さ、強制されなくても自粛を守る国民の真面目さ、BCGワクチンの接種が義務化されてきたこと等が上げられています。そのどれかではなく、トータルな要因ということではないでしょうか。誇るべきことです。
 しかし一方で、回復者数が世界と比較してかなり少ないのが気になります。本日のYahooのデータを見てみます。
 
 昨日は回復者が117名と初めて100名を超えましたが、それでも感染者11,496に対して回復者は1,356名。約11.8%。   国外では2,385,386の感染者に対し回復者は677,865名で、約28.4%日本の2倍以上です。
 毎日データを見ている人はいらだちます。医療関係者の努力は相当なものだと思っていますが、これではまずいでしょう。
 以前のブログにも書きましたが、政府答弁をみて、日本では対症療法が主でウイルスに作用する薬の投与に積極的でなかったのではないかという疑念を持っていました。ここ数日の動きで回復者が増加してきたことで、国の姿勢が変わってきているような気がしています。回復者数が感染者数を一気に上回ってくる日がくることを期待しています。そう遠くないでしょう。日本の底力を信じています。もうすぐ悲観論者が腰を抜かします。

感染者が増えてくることはそれほど悪いことなのか。
 メディアの発表する各地で感染者が見つかったとの情報は、発想を転換してみると、良い情報といえるかもしれません。感染が確認された人は病院や施設に入り隔離されるからです。このようにして街に感染者がいなくなり、全体として感染拡大が阻止されてきます。
 夜明け前が最も暗い。もうすぐ終息がはっきり見えてきます。あまり悲観的に物事考えるのはもう止めましょう。
 
鎌倉橋手前の三井ガーデンホテル前の植え込みには、とても素敵なガーデニングがいろいろあります。

 
 
 

  |  

申込用紙(受付表)

過去の記事

会場玄関


フォーラムミカサ エコ
TEL 03-3291-1395(代)
FAX 03-3291-1396
メール info@fm-tohnet.com
営業時間 9:00~21:00
定休日 年末年始除き年中無休
〒101-0047
千代田区内神田1-18-12
内神田東誠ビル