道を跨ぎ、川を跨ぎ(御茶ノ水・秋葉原間の鉄道橋)

2015年 05月15日

  遷座400年記念の神田祭が盛大に行われました。多くの神輿が秋葉原・昌平橋隣の鉄道橋(鉄橋)の下を抜け、またその傍を通り神田明神へ宮入しました。神田祭の風物詩です。 
神輿宮入 

道を跨ぐ(松住町架道橋)
 御茶ノ水・秋葉原間のランドマークとなっているこの鉄道橋の名は「松住町架道橋」。外神田二丁目の神田川川岸付近の旧町名「神田松住町」から付けられた名で、「架道橋」は字の通り道の上に架かる橋。
 関東大震災(大正12年 1923年)後の震災復興事業による両国・御茶ノ水間の高架線建設計画により昭和7年(1932年)に架けられた橋です。

  房総方面と都心部を結ぶため両国・御茶ノ水間に高架線を建設する鉄道計画は古くからあったようですが、関東大震災を機に用地買収が進み、1年5ヶ月という短い工期で高架線が建設されています。高架線の中でもこの松住町架道橋とこれに続く神田川橋梁はかなりの難所に造られた橋だと思われます。

鉄道橋図面

  秋葉原から御茶ノ水まで鉄道をつなぐには、まず旧中山道に接する広い松住町交差点(現在は昌平橋交差点)を斜めに跨ぐ必要があります。この交差点には路面電車が通り、かなりの交通量があったようですので、交差点内に橋柱や橋脚を設けるわけにはいきません。そこで、支間の大きい約72メートルの長い橋を架けることになったようです。
  問題はその強度。電車という荷重のある物体を乗せる鉄道橋ですから中間に曲げによるたわみができないようにアーチ橋とし、そのアーチ橋のアーチも二重にして、それを三角形のトラスでつないで強度を高めた構造になっています。ブレーストリブアーチというそうです。

 またアーチ橋では支点部に水平力が働くため、橋が伸びきらないように支点同士を引張部材(タイ)で結んで水平力を閉じ込める必要があります。このようにしてできたアーチ橋はタイドアーチと呼ばれます。
 松住町架道橋の形式はブレーストリブ・タイドアーチ橋ということになります。当時の最新の技術を導入して造られた強固で美しいデザインの鉄道橋といえると思います。設計は鉄道省。製作は東京石川島造船所。すべて日本の技術によるものです。

 架橋当時に思いを馳せ、83年前に撮られた写真とほぼ同じアングルで撮影してみました。周りの景色は変わりましたが、橋は微動だにしていません。

     完成時の松住町架道橋(昭和7年 1932年) 歴史研究会「歴史写真」昭和7年8月号
松住架道橋 古い写真
      現在の松住町架道橋(5月3日撮影)
松住架道橋 現在

 

 川を跨ぐ(神田川橋梁)
 御茶ノ水駅と松住町架道橋の間の神田川を渡る鉄道橋。松住町架道橋と同じく昭和7年架けられた橋です。これには「神田川橋梁」という平凡な名前がついています。たしかに神田川に架かる橋ですが、キリンの脚のような形の橋脚がつくる特異な景観からすれば、何とも物足りないネーミングです。筆者なら「神田麒麟橋」という名前をつけます。
 K橋1 HP
   神田川を斜めに跨ぐ約56メートルの長い桁橋には中間で支えが必要になりますが、川幅が狭くなっている場所で、川の中に橋柱を建てると水運に影響がでます。水運への影響を避ける工夫でしょうか、脚と梁が一体構造となっているラーメン構造の橋脚を造り川の両岸に据えたのが、神田川橋梁の特異の橋脚ではないかと思います。
 ラーメン構造橋脚も当時としては新しい技術であったようです。

  考えてみると、この橋脚は、橋脚というよりもこれ自体を橋とみることもできるように思います。とすると、この上にある総武線の鉄道橋は、「橋の上に乗っている橋」ということになります。「橋を支える橋」というのは何か面白い。昔誰かが歌っていた「親亀の背中に子亀を乗せて~」という歌を思い出しました。(笑)
 この橋梁の設計も鉄道省。製作は横河橋梁製作所。これまた日本の技術です。

    上空からみた松住町架道橋と神田川橋梁                                   Bing 航空写真
松住架道橋 上空    

    聖橋から見た松住町架道橋と神田川橋梁
松住架道橋 三線
 このアングルから撮られた写真はネット上でよくみかけます。映画やテレビドラマにも登場します。東京を代表する名景観の一つでしょう。
 筆者は秋葉原に買い物に行くときには松住町架道橋の下を通ります。丸ノ内線で通勤しているため、ほんの数秒電車が地上に顔を出すときに車窓から両橋を見ることもあります。学生時代を神田で過ごしたのでこの両橋は昔も何度も見ました。いままで何千回も視界に入ったと思います。
 御茶ノ水・神田の街にマッチした何度眺めても飽きのこないこの鉄道橋の造形・構造美に魅かれています。

 おまけ
 神田祭・神幸祭(附け祭)の行列で神田明神のマスコットキャラクター「江戸っ子みこしー」をみかけました。神田駅北口の近くです。ゆるくてとても可愛かった。カメラを向けるとポーズをとってくれました。みこしー、ありがとう。
ミコシー 実物 HP

     

  |  

申込用紙(受付表)

過去の記事

会場玄関


フォーラムミカサ エコ
TEL 03-3291-1395(代)
FAX 03-3291-1396
メール info@fm-tohnet.com
営業時間 9:00~21:00
定休日 年末年始除き年中無休
〒101-0047
千代田区内神田1-18-12
内神田東誠ビル